志水式整体
TOP > 志水式整体

志水式整体とは、究極の土台作り

土台を整える事で健康な身体に戻します

人間のカラダの土台とは、日常生活の中で「立つ、歩く」は足元、
「座る、寝る」は骨盤が土台となる基準です。
志水式整体では、人間の土台である「骨盤」と「足元(距骨)」をセットに考え、
整えることにより、重力に負けない対応力を取り戻す「究極の土台調整」を行っております。
慢性的な膝や腰の痛み、頭痛、肩こり、外反母趾、骨盤の歪み、婦人科系疾患、慢性疲労、不眠、
カラダのたるみ、便秘と多様な悩みに苦しむ方をこれまで施術してきましたが、どの方も共通していたのは「距骨」が歪んでいたことでした。
日常的な様々な痛みや症状の原因は、この土台である距骨にあるのです。
距骨を整える事により痛みの無い健康なカラダを取り戻して行きます。

距骨と骨盤の歪みを整える=全身の症状改善

脚→膝→骨盤→背骨→肩→首→頭蓋骨。どれも距骨の上にあります。
距骨の歪みこそが全身のゆがみや症状につながっているのです。ただし、足元を整えるだけでは改善しきれない症状があります。特に頚(くび)を変化させるのは弱すぎます。プラスして骨盤を調整することで頚や内臓にまで影響がだせるのです。
足元と骨盤を整え、痛みや不調への改善と予防を両面からアプローチしていく事により、最高の結果を生み出します。

内蔵の不調改善にも

足は第二の心臓とよく言われますが、それは足の血流を改善する事により全身的な血流の改善に繋がるからです。 私の所に来られる患者さんには、まず土台(距骨)を調整します。それが1番の近道だからです。 距骨にズレがあると足の筋肉を充分に使う事が出来ず、血流を悪くしてしまいます。距骨を正しく使えるようにしてあげるだけで、足の血流が増大し全身的な血流を改善します。 内蔵についても、距骨がズレる事で血流もですが、骨盤の慢性的な代償不全を引き起こします。 骨盤は内蔵の器ですので、器が歪めば内蔵も歪みそこに血流が悪くなれば良い事は一つもありません。内蔵を考えるのであれば、まず土台から考え直すべきです。

このような改善にもつながりました

  • むくみ改善・痩せたとの声も
    デスクワークやPC、スマホ利用・・・。さまざまな要因で私たちの体は緊張しています。緊張は歪みにつながります。
    志水式整体では、距骨などの骨を整える際、「筋肉」や「筋膜」をどう緩めるかがとても大事になります。緩めてリラックスさせることで血行が改善しリンパの流れもよくなります。それによりむくみが改善し、痩せたという声も頂いております。
  • 不妊治療の患者様にも喜ばれました
    志水式整体では、不妊は骨盤の崩れと骨盤内(下腹部)の血行の悪さから来ると捉えます。
    土台となる骨盤の崩れ、骨盤周りの大きな筋肉の連動の消失、骨盤隔膜の硬さ、冷えなどに着目し改善して行った結果、不妊治療の効果が出にくかったお客様からも、妊娠の報告を頂きました。
  • 胃腸の不調時にも効果的
    仕事とストレス、そのストレス発散の飲酒により、気付かぬうちに酷使している胃腸。症状が出てくる時は、かなり傷んでいます。
    胃腸の不調時には、胸椎(背骨)が硬くなり、平滑筋(内臓の筋肉)も局所的に異常緊張を起こします。
    志水式整体では、骨盤を整え背骨とお腹の筋肉を緩め、手技により内臓の異常緊張へアプローチします。施術後は内臓が動き出し、血行改善と慢性的な疲労改善に大変喜ばれております。
  • スポーツ時のコンディショニングが変わったとの声も
    ゴルフ、テニス、サッカー、野球、ダンスなどスポーツをする際に、必ず踏ん張る事と身体の中心は肝心な役割を担います。
    志水式整体の距骨調整(足元×骨盤調整)では、痛みの治療だけでありません。最近では怪我の予防を含め、パフォーマンスアップをご希望され、お越しになる方々も増えています。
    「思い通りに身体が動かせるようになった。」「スコアが伸びた」「フォームが安定した」などのお声をいただいております。

あなたの距骨はなにタイプ

距骨の歪みタイプにより症状や身体的変化が異なります

  • 距骨タイプ01
  • 距骨タイプIN
  • 距骨タイプOUT
  • 距骨タイプ01
  • 距骨タイプFRONT
  • 距骨タイプOUT
  • 距骨タイプROLLING

さらに、プラスして骨盤を調整する事で内蔵にまで影響が出せるのです。

距骨の歪みタイプ別症状

背景

距骨が内側にねじれている「INタイプ」のヒトに見られる症状

INタイプ説明画像
INタイプ 正常

INタイプとは、距骨が内側に傾いている状態です。 距骨が内側に歪む事で、足首から下の足元の状態は
内側に体重が掛かります。
逆に身体はバランスを取る為に、膝から下は外側に傾きます。
そうすることで、O脚や外反母趾、各痛みの症状を引き起こします。

背景
背景

距骨が側にねじれている「OUTタイプ」のヒトに見られる症状

INタイプ説明画像
OUTタイプ 正常

OUTタイプとは、距骨が外側に傾いている状態です。 距骨が外側に歪む事で、足首から下の足元の状態は外側に体重が掛かります。 逆に身体はバランスを取る為に、膝から下は内側に傾きます。 そうすることで、X脚や内反小趾、骨盤部(仙腸関節部)の痛みなどを引き起こします。

背景
背景

距骨が前傾している「FROUNTタイプ」のヒトに見られる症状

FRONTタイプ説明画像
FRONTタイプ 正常

距骨が前傾し、つま先側に傾いている状態です。 距骨が前傾することで、足首から下の足元の状態はつま先側に体重が掛かります。逆に身体はバランスを取るために、膝から下は後ろ側に傾きます。FRONTタイプはヒールを履く女性に多く見られるタイプです。緊張としては、足の裏から始まり下肢後面、脊柱起立筋などの身体の後面の緊張を引き起こし、骨盤を後方へ引っ張り後傾にします。足首の関節も90°以上曲がらないのが特徴的です。

背景
背景

距骨が後傾している「BACKタイプ」のヒトに見られる症状

BACKタイプ説明画像
BACKタイプ 正常

距骨が後傾し、かかと側に傾いている状態です。 距骨が後傾することで、足首から下の足元の状態はかかと側に体重が掛かります。重力に負けている高齢な方に多く見られるタイプです。緊張としては、足の甲側の緊張から始まり、下肢前面、腹直筋、大胸筋などの身体の前面の緊張を引き起こし、骨盤を前方へ引っ張り前傾にします。足首の伸びが悪く正座がし難くなるのが特徴的です。

背景
背景

距骨が横揺れしている「ROLLINGタイプ」のヒトに見られる症状

ROLLINGタイプ説明画像
ROLLINGタイプ 正常

ROLLINGタイプとは、
距骨が左右にグラグラと揺れている状態です。
足 原因として扁平足が関係していて、足首の関節が緩んでいます。足首に力が入り難く、下腹部から下半身への緊張が強く、婦人科系疾患の誘発や便秘、下半身が太い、
ムクミ、冷えなどの症状を引き起こします。

背景

このようなお悩みの方は是非、ご相談ください

志水式整体に適応する症状

  • 外反母趾
  • 足の様々な痛み
  • ひざの痛み
  • 股関節の痛み
  • 腰の痛み
  • 側湾症
  • 首・肩の痛み
  • 自律神経失調状態
  • 新型足脛性うつ症状
  • 冷え性
  • O脚
  • 下半身ダイエット
  • 正しい歩行
  • 頭痛・めまい
  • 胃腸障害・便秘
施設の特徴